iPhone6修理レビュー

iphone6
iPhone6は、画面サイズが4.7インチへと大画面化され、本体サイズiPhone5シリーズと比べ随分と大型化されています。
ひとつ懸念点があり、筐体が薄くなった事により簡単にフレームが曲がりやすくなっています。ポケットなどに入れているとすぐに歪んでしまいます。その欠点を補ったのがiPhone6sで6sのフレームの強度は2倍以上といわれています。

 

■iPhone6ガラス修理

1)iPhoneの液晶は落とした場所、高さや角度にもよりますが簡単にガラスが割れてしまいます。
割れたままお使いになるとお怪我や故障の原因になります。

2)ガラスが割れただけで液晶パネルに損傷がない場合は割れたガラスのみ交換します。
iPhone本体から液晶パネルを外します。本体と液晶パネルを繋いでいるコネクタをロジックボードから外します。とてもデリケートな部分なので慎重に外します。

3)ヒートガンで暖めガラスを剥がします。アルコールで接着剤を全て綺麗に拭き取ります。次にフロントガラスにテープを張りデジタイザで固定します。

4)枠を取り付け元通りに組み立てます。

5)電源を入れて動作の確認をします。

■iPhone6バッテリー交換

1)iPhoneに使われているリチウムイオンバッテリーは非常に高性能ですが400回の充電1年半~2年ほどで必ず劣化をします。

2)充電の減りが早い、充電がされない、充電の残量が残っているのに電源が切れてしまう本体が発熱するなどの症状はバッテリーの寿命が考えられます。

3)寿命なのにそのままお使いになるとバッテリーが膨張して内部から液晶パネルを押し上げてしまい故障の原因になりますので定期的な交換をしましょう。

4)電源を切り液晶パネルを外しロジックボードとバッテリーを繋いでいるコネクタを慎重に外します。

5)バッテリーを固定している両面テープ2枚を引き抜いて剥がします。

6)新品のバッテリーを両面テープで固定しロジックボードのコネクタにバッテリーのコネクタを取り付け完了です。

7)充電ケーブルを差して充電の回復具合を確認します。

■iPhone6ドックコネクタ修理

1)充電ケーブルを差しても反応がない場合はドックコネクタの故障です。
稀に充電器が壊れている場合もあるのでまずは違う充電器で試してみましょう。
ドックコネクタは常に剥き出しなのでゴミや水の浸入には気をつけましょう。

2)液晶パネルを外しロジックボードに付いているコネクタを外します。
次にWi-Fiアンテナ、スピーカー、バイブレータを外します。
ドックコネクタとイヤホンジャックは一体型になっているので一緒に外し新品に交換します。

3)逆の手順で組み付けて完了です。

4)充電ケーブルを差して反応を確認します。

■iPhone6ホームボタン修理

1)iPhoneのホームボタンは一番お使いになるボタンです。
押しても反応がない、ボタンが陥没するなど使用頻度が高いため故障も多い箇所です。

2)液晶パネルを外し裏側から固定してあるホームボタンを外します。
ケーブルが切れていたり損傷している場合は新品に交換することができますが指紋認証の機能は使えなくなります。

3)ボタン自体が紛失しても当店ではボタンの部材もご用意しておりますのでご安心ください。

4)ホームボタンが使えなくなった場合は設定→一般→アクセシビリティ→AssistiveTouchをオンにしていただくと画面上でホームボタンの役割をしてくれます。

5)ホームボタンの動作確認をして完了です。

■iPhone6センサーケーブル修理

1)センサーケーブルが故障すると液晶、インカメラ、イヤースピーカー、近接センサーなどに支障を起こしてしまいます。

2)大切な部品ですが故障することもありますのですぐに交換していただかないとiPhoneが使えなくなる可能性があります。

3)液晶パネルを外しインカメラの裏側にある固定板を外してイヤースピーカーを先に外します。
次にセンサーケーブルを外しますが近接センサーが固着している場合があるので慎重に外します。

4)逆の手順で組み付け完了です。最後に動作確認をして終了です。