iPhone5s修理レビュー

sp685-color_silversp685-color_goldsp685-color_black
この端末の最大の特徴は、iPhoneで初めて指紋認証機能「Touch ID」が搭載された事です。解除時やアプリ購入時にパスコードを入力せずにパスワードを入力する手間を省ける機能であるが、これが結構便利なんです。
さらにこの端末は、軽く便利です。

iPhone5sガラス割れ修理

1)iPhone5sのガラス割れではまず注意しないといけないのはフロントパネルを開く際、本体とフロントパネルがホームボタンの部分でつながっているので開く際はこのコネクターに十分注意して開き、コネクターを外してから完全に開きます。
このコネクターを切ってしまうとホームボタンが機能しなくなってしまいます。

2)フロントパネルはコネクターでロジックボードと繋がっているのでフロントパネルの交換する場合はこのコネクターを外して本体と切り離します。
ロジックボードからコネクターを外す際コネクターの固定版があるのでまずこの固定版のネジを外して固定版を取り除きます。
ロジックボードやコネクターの接続部分を傷つけないようにヘラなどで慎重に外します。
傷をつけたりなどの損傷をしてしまうと修理が終わった後正常に機能しない恐れがあります。

3)コネクターを外すと本体とパネルが完全に切り離されます。
パネルと本体が別れたらパネル側についているホームボタン、近接センサー&インカメラ、イヤースピーカー、などの部品をすべて外し新しいパネルに元あったように移していきます。
この際しっかり元あったように移さないでズレていたりすると修理完了後に電話で相手の声が聞こえづらかったり、インカメラがズレてしっかりとした写真が撮れなかったりする恐れがあるので注意します。

4)すべての部品を新しいパネルに移し終えたらコネクターとロジックボードを再度接続します。
この際力を入れすぎて接続部分を潰してしまうとパネルが正常に動作しなかったり最悪の場合全く画面がつかなくなってしまう恐れもあるので十分注意して接続します。
接続したら固定版を付けて他機種の場合だとこれでパネルを閉じて星形ネジを付けて終了となりますが、iPhone5sの場合だと①で紹介したホームボタン指紋認証ケーブルを忘れずに接続します。

 

■iPhone5s バッテリー交換

1)本体を開けて右側にあるのがロジックボードで左側にあるのがバッテリーになります。
ロジックボードの下部とコネクターでつながっているのでコネクターの固定板を外してからコネクターも外して、両面テープで本体とくっ付いているバッテリーを金属のへらで取り新しいバッテリーと交換して戻して終わりです。

2)バッテリーの寿命は約1年半~2年と言われております。
もちろん使い方によってはもっと長持ちする場合もありますし、逆に1年しないでダメになってしまう場合もあります。

3)バッテリー交換の時期を知らせる主な症状はまだ数十%電池が残っているのにも関わらず電源が落ちてしまったり、画面の左側を見ていただいて右側より画面が浮いていると思ったらそれはバッテリーの膨張になりますのですぐにでも交換しないとバッテリー以外の故障にも繋がってしまいますので浮いていると感じたら早急の修理をオススメします。

4)バッテリーの交換にかかるお時間は最短で5分ほどになります。
データーなども消えずにそのまま残りますのでご安心ください。

 

■iPhone5s ドックコネクタ交換

1)ドックコネクタは下部にある充電器を挿し込む部分です。
またの名をライトニングコネクタとも言って、iPhoneを使っていくうえでとても重要な部分です。
使えないと充電ができないしパソコンともつなげられないのでバックアップを取ることもできません。

2)このドックコネクタが使えなくなってしまう原因はいろいろありますが、一番多いのは埃が中で詰まってしまって、その埃が湿気を吸ってしまうことによってショートしてしまったり、うまく挿し込めなくなってしまいます!

3)そして、iPhone5sの場合だとこのドックコネクタが使えなくなってしまう事によってホームボタンも使えなくなってしまう事もあります。
なぜなら、iPhone5sのホームボタンはパネルを開けたとき本体の部品とつながっていて、その本体にある部品というのがドックコネクタになります。
ですので、ホームボタンが使えないとなったときはドックコネクタが原因の可能性もあるので注意します。

4)そんな重要部品のドックコネクタ重要なだけあって修理も大変ななのではないかと思いますが実はホームボタン修理やバッテリー交換ほどではありませんが、すぐにできてしまいます。
時間にして約10~15分ほどになります。

5)ドックコネクタは充電器を抜き差ししているうちに使えなくなることが多く消耗品でもあるので反応が鈍くなってきたと思ったら完全に使えなくなる前に変えてしまいましょう。

 

■iPhone5s ホームボタン修理

1)iPhone5sのホームボタン交換は本体を開けたらすぐにホームボタンと本体がケーブルでつながっているのが見えますのでケーブルを本体から外します。

2)コネクターが外れたらパネル側についている固定板をネジを外してから取り除きます。
全て外し終えたら、パネルの表の方から指でホームボタンを押すとパネルから取ることが出来るので、取れたら新しいのと交換して戻して終わりです。

3)ホームボタン交換もバッテリーの交換と同様に約5~10分ほどで修理が完了します。もちろんデーターもそのままです。
  
4)ホームボタンの交換が必要になる症状は、もちろんホームボタンが反応しなくなったというのもそうですし、中にはホームボタンの反応が良すぎて電源ボタンを押しただけでスクショされたり勝手にホーム画面に戻ったりSiriが勝手に反応してしまい急にしゃべりだしたりします。

5)反応しなくなったという症状に関しては設定のアクセシビリティタッチというボタン系を画面上に出す機能がありますが、やはりずっと使えないままだと不便なので交換をお勧めします。

6)料金の方も他の部品交換の中でも安い方になりますので、是非お気軽にご相談ください。

 

■iPhone5s センサーケーブル修理

1)まず、センサーケーブルと聞いてあまりぱっとしないと思いますが実は当たり前のように使っていながらもなかなか気づかない機能の部品です。

2)どのような機能かというとまず、画面のライトが明るいところや暗いところでライトの明るさが変わっているのはおわかりでしょうか。あと、電話で通話している際耳に当てると画面が消えます。これらの機能ををやっているパーツがセンサーケーブルです。

3)センサーケーブルがどのようなパーツかというと実はインカメラと同じパーツになります。
iPhone5sの画面を見ていただくと受話器の耳の部分の左となりに小さい丸があるのがよーく見るとわかると思いますがそこがセンサーになります。
  
4)センサーケーブルが壊れてしまうと電話した際に画面が消えなくなってしまうので顔で画面に触れてしまい、急に通話を終了してしまったり、スピーカーになってしまったりしてしまいます。
  
5)インカメラと同じ部品なので修理自体は簡単なのでお時間は約10~15分ほどで修理可能です。もちろんデーターもそのままですよ!!