iPhone4s修理レビュー

sp643_iphone4s_color_whitesp643_iphone4s_color_black

iPhone4sは2011年10月に発売された、iPhoneとしては5代目に当たる機種です。
ディスプレイは3.5インチ(960×480ドット)、CPUはデュアルコアのApple A5を搭載します。
搭載メモリは512MBでOSは当初iOS 5を搭載しており、音声アシスタント「Siri」が使えるようになったのも当機です。通信機能としては3Gまでで、LTEには対応していません。

iPhon4sは、3.5インチと小さく人気のある端末です。
厚さが9.3mmあり持ちやすくなってなっています。重さは140gです。
2016年秋にリリースのiPhone・iPad向けの新しいOS『iOS 10』の対応端末をAppleが発表しました。このOSに『iPhone 4S』が非サポートになります。よって、iPhone4/4sでの最新iOSは「9.3.5」になります。
 

■iPhone4とiPhone4Sの見分け方

iphone4_4s

iPhone4とiPhone4Sの見分け方ってなかなか難しいものです。
そこで簡単に見分けがつく方法をご紹介です。写真は端末を上部より見ています。
左側がiPhone4です。
右側がiPhone4Sです。
黒線が入っているか入っていないかで判断がつきます。
まず、自分の端末がiPhone4/4sなのかわからない場合はここを見てください。

 

■iPhone4sガラス修理

1)iPhone4sのガラスはフロントパネルガラスと液晶パネルが特殊なノリでくっついており液晶交換・ガラス交換どちらも同じパーツで構成されます。

2)フロントパネルのガラスからはLCDケーブル・デジタイザケーブルの2本のコネクタで接続がされます。こちらも液晶パネルと同様です。

3)iPhone4sのフロントパネルのガラスは最近の機種に比べるとサイズがコンパクトのため長年機種を変えずiPhone4sをお使いになる方も非常に多いです。
正直他の機種に比べるとiPhone4sのガラスは割れづらいのですが結構強い衝撃など与えてしまうともちろん割れてしまいます。ヒビなど入ってしまうと怪我の恐れもございますので早めに交換してあげましょう。

4)主な故障内容はフロントパネルのガラスにヒビが入ってしまったり、ガラスの破片がポロポロ取れてしまったりしてしまうなどが主に多いです。

5)iPhone4s自体発売から長い間経っていますがこちらの機種を愛用されている方も多いので当店では常に修理対応が出来るようにしております。
修理費用も交換がしやすい低価格でやらせていただいておりますので機種を変えることなくお使いになっていけます。

 

■iPhone4sバッテリー修理

1)iPhone4sのバッテリーは現在発売されている機種に比べると容量が少ないのです。
サイズのほうもコンパクトに出来ております。

2)iPhone4sのバッテリーからは一本のコネクタが出ておりこちらが本体の基盤と接続をしております。

3)iPhone4sのバッテリーは当時の機能であれば問題はなかったのですが最近だと新機能など使いされていきバッテリー容量も当時のiPhoneよりも大きくなっております。そのためiPhone4sに最新のIOSなどを入れてしまうとバッテリーの減りが早くなってしまったりなどございます。

4)主な故障内容はバッテリーの減り・増えがおかしい。いくら充電をしても電源が入らなくなってしまったり、本体が熱をもってしまったりなどございます。
大体電源に関する症状なんですが、バッテリーの問題は早めに解決をしてあげないと本体が破損してしまう恐れが大いにございます。

5)バッテリー交換はお時間もかからず修理費用もお安く交換しやすいです。
どうしても長年使っていくにつれてバッテリー交換は大事になってきますので
当店までおまかせください!

 

■iPhone4sドックコネクタの修理

1)iPhone4sのドックコネクタは3つの役割がございます。
1つめが充電ケーブルの差込口として本体を充電してくれる役割
2つめ通話やsiriなどのマイク機能の役割
3つめがホームボタンケーブルの本体への接続の中継の役割となっております。

2)充電ケーブルを繋げるドックコネクタは一本のコネクタで接続されております。

3)iPhone4sのドックコネクタは差込口(充電ケーブルを差すところ)が表側に出ているためほこりや細かいゴミなどが入ってしまい破損してしまうケースが多いです。
あとは雨などの気づきにくい水などでショートしてしまうこともあります。

4)故障状況としては充電が出来なくなってしまったり、通話などで相手に自身の声が届かなかったり稀にホームボタンの不調が出たりすることもございます。

5)充電が出来ないなどの問題は充電ケーブルの問題だと思われていますが、実は差込口そのものに問題が出ているのです。
わざわざ新しいものを購入するのももったいないのでまずは相談だけでもしていただければ当店でご確認をさせていただいております。

 

■iPhone4sホームボタン修理

1)iPhone4sのホームボタンといえば黒や白のあのボタンを連想すると思いますが、実際修理などするのはその下のケーブルになります。

2)iPhone4sのホームボタンケーブルはボタンそのものの下に配置されておりケーブルはドックコネクタというパーツを通して本体と接続がされております。

3)ホームボタンはiPhoneの重要なパーツになります。
アプリを終了するときやホーム画面に戻るときなど使い時はさまざまです。
考えてみてください!現在お使いになっているiPhoneのホームボタンが押せなかったら・・・
ただどうしてもボタン関係は消耗品なので突然使えなくなってしまうこともございます。

4)故障状況としてはホームボタンを押しても反応しない反応しづらいなど・・・あとは勝手に反応されるなど誤作動もございます。

5)ホームボタンの修理だと本体を交換するしかないと思われがちですが、実際はケーブルの交換だけでしっかりと直るのでお時間・修理費用ともにかからないので非常に便利です。

 

■iPhone4sセンサーケーブル修理

1)iPhone4sのセンサーケーブルは電源ボタンケーブルと全く同じものになっております。

2)センサーケーブルは通話の際などにセンサーの部分に顔など近づけると液晶が消灯して勝手にタッチなどされないような機能を果たしており一本のコネクタで本体と接続されております。

3)センサーケーブルは非常に便利な機能になります。さらにセンサーの部分が壊れることは少なく主に電源ボタン関係の問題でこちらのセンサーケーブルを交換することが多いです。

4)故障状況は通話の際に液晶が消灯しなくなり顔などが液晶に触れて勝手にタッチなどをしてしまい操作をしてしまったり通話を終了してしまうなどです。

5)通話の際に液晶を見ることは少ないと思いますが、siriをやってみてその際にフロントパネル上部のあみ付近を指をかぶせてみるとセンサーが反応して液晶が消灯をいたします。ぜひ確認してみてください。