中国、iPhoneバッテリーを”かじって”爆発!?

みなさんこんにちは。iPhone修理のアイアップ新潟弁天橋通店です☆

中国で、電気店を訪れた男性がiPhoneのバッテリーをかじったことによる爆発事故が現地時間の1月19日に起こっていたようですよ!
その男性や周りの来店客に被害を受けた人は幸いにもいなかったのですが、この男性は何がしたかったのでしょうね・・・?

iPhoneのバッテリーは『リチウムイオン電池』と言われるもので、この中には可燃性の液体が含まれているため強い衝撃を与えると発火・爆発してしまう可能性があるんです。『リチウムイオン電池』は現在多くのスマートフォンに使われており、スマホの発火・爆発と言えばサムスンのGalaxy Note7が記憶に新しいですよね。なので、この事故が多発した頃にウンザリするくらい注意が促されていたはずなのですが・・・。

その男性がバッテリーをかじった理由は「本物かどうかを確かめたかった」というものらしいのですが、この男性はバッテリーを噛めばそれが確かめられるということなのでしょうか・・・?これがもし本当だったとしても命がいくつあっても足りないですし、かじった端からバッテリーは爆発していくので本物だと確かめられても意味がありませんよね。

現在はバッテリーの研究開発によりって難燃性の固形バッテリーが開発されており、その成果は形になりつつあるようですが、実用化されるまでいはあと数段階の確認やテストが必要となっているようです。
つまり、近いうちに衝撃や不具合によって爆発するスマホが無くなることになります!
まあGalaxy Note7の場合は飛行機内への持込が禁止されるまでの「危険物」と判断されたので、いくら爆発する可能性が低かったとしてもリチウムイオン電池には元々それくらい物騒な可能性が秘められているということになります。
この難燃性バッテリーの開発は多くのメーカー・ユーザーにとって嬉しい発明になるはずですよね!

ちなみに、この中国の電気店で発生した爆発事故は防犯カメラ映像が動画として公開されており、その爆発によって発生した光と音の大きさからかなりの爆発だったことがわかります。
※動画は下記リンクより閲覧できます
http://www.miaopai.com/show/I7Nr39kEkvDNS6Sgo8jaM~IF4PfTMLpaw0dabQ__.htm

 

ちなみに海外ではある男性がiPhoneをお尻のポケットに入れながら自転車を運転し、転んでしまった際に尻餅を付いた衝撃でiPhoneが爆発してしまったという事故が発生しており、その男性はお尻から太腿にかけて3度熱傷という重症を負っています。
リチウムイオン電池の爆発はそれくらい危険なものなので、バッテリーに衝撃を与えることはもちろん、噛んだりすることも絶対にしないようご注意ください。

 

☆当店で画面交換をされるお客様を対象に9Hの硬度があるガラスフィルムを無料プレゼント☆
※当店は数量限定でiPhone6/6sのワケアリ再生液晶を格安放出しています!
詳細は下記リンクからチェックしてください☆
https://ameblo.jp/iupbentenbashi/entry-12316212229.html

フリーダイヤル 0800-800-6692

【取扱い修理】
バッテリー交換・ディスプレイ交換・ドックコネクタ・ホームボタン・各種ボタン・センサー類
バックアップ代行(データ取り出し)・水没修理・復旧・リンゴループ・リカバリー・
出張修理

【修理対応機種】
iPhone4・4s・5・5c・5s・SE・6・6Plus・6s・6sPlus・7・7Plus

https://www.iphone-up.jp/niigata-bentenbashi/

新潟市中央区姥ヶ山1-2-1相馬ビル2階

営業時間 11:00~20:00

年中無休

新潟市・中央区・北区・東区・西区・南区・江南区・秋葉区・西蒲区
新発田市・村上市・胎内市・阿賀野市・燕市・五泉市・加茂市・三条市・見附市
長岡市・佐渡市・聖籠町・田上町・阿賀町