Amazonの完全自動スーパー1号店がアメリカに登場!!

みなさんこんにちは。iPhone修理のアイアップ新潟弁天橋通店です☆

私達がお店で買い物をする場合、商品を持ってレジへ行き、精算してからお店を出るのが普通ですよね。
しかしAmazonはこの度、商品を持ってレジへ行かず、精算もせずにそのままお店を出ることができる完全自動スーパー「Amazon Go」第1号店をアメリカのシアトルにオープンしたようです!
欲しい商品だけ持ってお店を出る・・・普通に見れば万引きみたいですね(笑)

でも「Amazon Go」の場合はそれは犯罪にはなりません。
なぜなら入店の際にスマホでインストールする「Amazon Go」のアプリを駅の改札口のようになっているところにスキャンし、後は商品を持って出るだけでAmazonアカウントにて決済されるという仕組みになっているからです。
というのも、「Amazon Go」店内には複数の3Dカメラが設置されており、それによってお客がどの商品を手に取り、どれを戻したのかを確認しているので、手に取った商品だけがAmazonのバーチャルショッピングカートに追加され、棚に戻した商品はそのカートから自動で削除されるようになっているようなのです。
つまりそのバーチャルショッピングカート内にある商品の料金がお店を出る際に計算され、Amazonアカウントに請求されるということですね。
これならお客が取る行動は入店の際にスマホを改札口に置き、商品を持って店を出るだけなのでとても便利です!

しかし、全てを機械に任せているからこそ不安になる面もあります。
例えば、購入したはずの商品が精算から漏れてしまった場合や、商品を棚に戻したのにショッピングカートから削除されずに代金を請求されてしまった場合等のことがあれば、それはどうなるのでしょうか?

一応「Amazon Go」は以前からAmazonの社員向けに使われていてようで、そのテストの結果から「問題なし」として一般向けにオープンしたものだとは思うのですが、やはり不安に思ってしまいますよね。
なお、「Amazon Go」には当分お客をサポートするために従業員を配置するようですが、いずれ普及が進めば完全無人化する予定とのことです。

でもこれ、1人で入店する場合は良いですが家族連れとか子ども連れで入店する場合はどうするんでしょうね?
例えば母親と一緒に子どもが入店した場合、母親と一括りにされたりするんでしょうか?そうなると、子どもがこっそりお菓子を持って退転した場合は母親のAmazonアカウントにそのお菓子の代金も請求されてしまうことになってしまいますね。
もしそうだとしたら、日本のスーパーの風物詩である「子どもがお菓子をこっそり買い物カゴに忍ばせる」→「母親が発見してダメと言う」→「子どもがダダをこねる」というのが見られなくなってしまいますね(笑)

 

※当店は数量限定でiPhone6/6sのワケアリ再生液晶を格安放出しています!
詳細は下記リンクからチェックしてください☆
https://ameblo.jp/iupbentenbashi/entry-12316212229.html

フリーダイヤル 0800-800-6692
☆メールでのお問合せも24時間受付けております☆

【取扱い修理】
バッテリー交換・ディスプレイ交換・ドックコネクタ・ホームボタン・各種ボタン・センサー類・カメラ交換・
バックアップ代行(データ取り出し)・水没修理・復旧・リンゴループ・リカバリー・
出張修理

【修理対応機種】
iPhone4・4s・5・5c・5s・SE・6・6Plus・6s・6sPlus・7・7Plus

https://www.iphone-up.jp/niigata-bentenbashi/

新潟市中央区姥ヶ山1-2-1相馬ビル2階

営業時間 11:00~20:00

年中無休