1月18日に更新した当ブログにて、URLに「github」とついたWebページをクリックする、または「メッセージ」アプリ等でリンクが貼られたりするとiPhoneがフリーズしてしまうバグが出回っていることをご紹介しました。
このバグはiOS、macOSのバグを利用したもので、「Github」というサイトに掲載されたイタズラWebページだったために「github」又は「github.io」と付くWebページはクリックしないように、またメッセージにリンクが貼られた場合はメッセージごとスレッドを削除するように呼びかけられていました。
現在は「Github」運営によって問題となっているURLを削除したため被害は拡大していませんが、上記に「iOS、macOSのバグを利用」とあるように根本的な解決にはなっていません。
そこでAppleは、この問題を解決するためのバージョンを来週にもリリースするようですよ!

恐らくそのアップデートというのは現在ベータ6までが開発者向けにリリースされている『iOS11.2.5』であると見られています。
チップの脆弱性「Spectre」や「Meltdown」に対策した今の最新が「iOS11.2.2」なのにいきなり「11.2.5」になるのか?という疑問はあるかもしれませんが、3と4が省かれている理由は現在も不明となっているようです(笑)
とにかく、細かいことは気にせず来週中にリリースされるiOS11.2.5へアップデートすればフリーズするバグに怯えなくて済むようになる、ということだけ覚えておけば良いでしょう。

ただ、これらのイタズラWebページだけでなく普通に使っていてiPhoneがフリーズしてしまった場合の対処法は「強制再起動」しかありません。
その方法はiPhone6s/6sPlus以前の機種と7/7Plusと8/8Plus/Xとで違う動作になっています。
まずiPhone6s以前の機種の強制再起動方法は「ホームボタンと電源ボタンの同時長押し」です。これは画面が消えてAppleのマークが表示されるまでずっと長押ししている必要があります。
次に7/7Plusですが、「音量ボタンのマイナスと電源ボタンの同時長押し」です。
最後に8/8Plus/Xですが、これらの機種は電源ボタンが「サイドボタン」という名称になり、強制再起動方法は「音量ボタンのプラスを短く1回押し、次にマイナスも短く1回押し、最後にサイドボタンを長押し」です。サイドボタンの長押しもAppleマークが表示されるまで押し続ける必要があります。

話が逸れてしまいましたが、今回のiPhoneフリーズバグ問題は「Github」側の対処によって一時的に落ち着いていますが類似したWebサイトが作られればまた同じ問題が発生してしまうことになります。なので次の最新iOSがリリースされ、それにアップデートするまでは怪しいWebサイトのURLリンクを送られてもクリックしないようにご注意ください。

 



☆当店で画面交換をされるお客様を対象にガラスフィルムを無料プレゼント☆
※当店は数量限定でiPhone6/6sのワケアリ再生液晶を格安放出しています!

フリーダイヤル 0800-800-6692

【取扱い故障内容】
バッテリー交換・画面割れ・ガラス割れ・液晶不良・タッチ不良・イヤフォンジャック不良・充電不良・接触不良・音が出ない・スピーカー不良・電話できない・ホームボタン・電源ボタン・サイドボタン・音量ボタン・ボリュームボタン・マナースイッチ・サイレントスイッチ・近接センサー・環境光センサー・バックアップ代行(データ取り出し)・水没復旧・リンゴループ・リカバリー復旧

【対応機種】
iPhone4・4s・5・5c・5s・SE・6・6Plus・6s・6sPlus・7・7Plus

アイアップ新潟店ホームページ

新潟市中央区姥ヶ山1-2-1相馬ビル2階

営業時間 11:00~20:00
年中無休

出張修理対応中!

アイアップ新潟店出張修理詳細ページ

新潟市・中央区・北区・東区・西区・南区・江南区・秋葉区・西蒲区 新発田市・村上市・胎内市・阿賀野市・燕市・五泉市・加茂市・三条市・見附市 長岡市・佐渡市・聖籠町・田上町・阿賀町