iPhoneのパフォーマンス抑制機能はユーザーが設定できるようになる!?

みなさんこんにちは。iPhone修理のアイアップ新潟弁天橋通店です☆

AppleがiPhone6以降の機種で古くなったバッテリーを使い続けた場合にパフォーマンスを低下させてしまう機能をアップデートによって追加し、「これはユーザーに買い替えを促すための計画的陳腐化だ」と非難され世界各地で訴訟を受ける事態となりました。
この問題に対しAppleは詳しい説明を発表した上で、さらにサポート対象外となった機種に対しても通常8,800円のバッテリー交換料金を3,200円に大幅値下げする対応を取っていました。この影響によって現在もiPhone6Plus等の一部機種のバッテリー在庫がなくなってしまうなどの問題が起こっていますよね。

そこでAppleのCEOであるディム・クック氏は新たに、次にリリースするiOS11.3で「パフォーマンス抑制機能をユーザーが選択できるようにする」ことを明言したようですよ!!
元々この「パフォーマンス抑制機能」というのは、古くなって出力や容量が低下した状態のバッテリーで端末の万全なパフォーマンスを維持することが困難であるため、突然のシャットダウンなどの負担から端末を保護するため追加された機能です。
確かにiPhoneは突然のシャットダウンを何度も起こしているとシステムエラーを起こして「リンゴループ」と呼ばれる起動障害になってしまうので、これに対してソフトウェアレベルで対応するのはおかしくありません。
しかし、今回の問題で騒ぎが大きくなったのはAppleがこのことを「突然のシャットダウンに対応」としか明記せず、具体的な内容が書かれているページは一般の人では絶対に行けないような3つ4つ先のリンクに書かれており、その上このことがバッテリー交換前後のベンチマークテスト結果をユーザーから公開されたことが原因のような気がします。
最初からAppleが「これこれこういう事情で急にシャットダウンしちゃうようになったからこういう対処をしたよ~」という内容の説明をしていれば、そのことについて何らかの批判はあったとしてもここまでの騒ぎにはならなかったと思うんですよね・・・。

まあ過ぎたことを言っても仕方ありませんが、このiOS11.3から追加されるという「パフォーマンス抑制」をユーザー側で選択できるというのは良い機能だと思います!
「急にシャットダウンしても良いから劣化したバッテリーのままでも高いパフォーマンスを維持したい!」というユーザーと、「今のままでも不便はないから変えなくて良いや・・・」というユーザーに分かれるでしょうが、前者のユーザーは何度もシャットダウンするようになれば結局はバッテリーを交換するかパフォーマンスを抑制するようになると思うんですよね(笑)

この機能を追加したiOS11.3のベータ版は来月リリースされると見られていますが、正式にリリースされるのは恐らく早くても2月末か3月辺りになりそうですね。
最近チップの脆弱性「Spectre」や「Meltdown」に対処するためのアップデートがあったばかりで大変だとは思いますが、iOS11.3がリリースされたらすぐに更新する人は多そうですね(笑)

 

☆当店で画面交換をされるお客様を対象に9Hの硬度があるガラスフィルムを無料プレゼント☆
※当店は数量限定でiPhone6/6sのワケアリ再生液晶を格安放出しています!
詳細は下記リンクからチェックしてください☆
https://ameblo.jp/iupbentenbashi/entry-12316212229.html

フリーダイヤル 0800-800-6692

【取扱い修理】
バッテリー交換・ディスプレイ交換・ドックコネクタ・ホームボタン・各種ボタン・センサー類
バックアップ代行(データ取り出し)・水没修理・復旧・リンゴループ・リカバリー・
出張修理

【修理対応機種】
iPhone4・4s・5・5c・5s・SE・6・6Plus・6s・6sPlus・7・7Plus

https://www.iphone-up.jp/niigata-bentenbashi/

新潟市中央区姥ヶ山1-2-1相馬ビル2階

営業時間 11:00~20:00

年中無休