ワイモバイルでiPhoneSEの本体価格がかなり安くなる!?

みなさんこんにちは。iPhone修理のアイアップ新潟弁天橋通店です☆

ソフトバンク系列の格安SIMブランド「Y!mobile(ワイモバイル)」から販売されているiPhone機種にはSEと6sがありますが、このうちiPhoneSEの端末代金を大幅に値下げすることを発表したようです!
その価格は32GBモデルが9,800円、128GBモデルが19,800円になるようですよ・・・!これは安い!

通常、AppleオンラインストアでiPhoneSEを新規購入しようとすれば32GBは39,800円、128GBは50,800円になります。
それが3万円も安くなるというのは正気とは思えません・・・。
ただやはりこれは全ての人が対象というわけではないようで、新規契約かMNP(他社からの乗り換え)のユーザーのみが対象となっており、しかも同じ系列であるソフトバンクからの乗り換えは対象外となっているようです。つまり、新規契約以外はau、ドコモからの乗り換えの人しか対象になれないということですね!
なお、この値下げは4月1日までの期間限定で行なわれるようです。

恐らくですが、このタイミングでここまで大幅な値下げをして販売を促進するのはこれから発売されると見られている「iPhoneSE 2」が出る前に今ある在庫を全て捌けさせたいからなのでしょうね(笑)
まあ昨年のスマホ売上げ年間ランキングではAndroid端末を含めたもので3位にランクインしたiPhoneSEですから今でも需要はそれなりにあると思いますが、流石にワイヤレス充電など新機能の追加が噂される「iPhoneSE 2」が出た後になってしまうと需要は一気にそちらへ持っていかれてしまいかねませんからね・・・。

また、ワイモバイルがここまでの値下げができるのは「ソフトバンクのサブブランドだから」というのもあるかもしれません。
というのも、現在の格安SIMの契約件数は昨年の1年間で1,768万件、このうちの約半分近くである43%がauのサブブランドである「UQモバイル」とソフトバンクのサブブランドである「Y!mobile」で占められているようなのです!

日本の格安SIMブランド(MVNO)は全部で20社以上ありますが、2社だけで半数を占められてしまうと残りの半分を20社で分け合う形になります。そうなると、auの影響下にある「UQ」とソフトバンクの影響下にある「ワイモバ」はともかく、それ以外の独立したMVNOでは利益がほとんど望めないみたいなんですね。
またそれにも理由があり、実はMVNOの中でもUQモバイルとワイモバイルは回線の速度が安定して速いという利点があり、それは実際顧客満足度にも反映されています。しかし他の独立したMVNOでは前述の2社と同じ速度を出すのは難しく、そうなると同じ料金帯でも少しでも通信が快適だと思う方に行ってしまうのは消費者として、またユーザーとしては当たり前の心理ですよね。

そういうわけで「Y!mobile」はこの程度の値下げは然程の問題にはならず、むしろ「〇年縛り」のような契約期間を固定することでさらに利益を延ばすことが期待できるのではないでしょうか
でも・・・それにしたってiPhoneが1万円から2万円ほどで新規購入できるのは魅力的ですよね(笑)
購入を検討されている方は上記にもご説明していますが、4月1日までの期間限定なので急いだ方が良いかもしれませんよ!

 

☆当店で画面交換をされるお客様を対象に9Hの硬度があるガラスフィルムを無料プレゼント☆
※当店は数量限定でiPhone6/6sのワケアリ再生液晶を格安放出しています!
詳細は下記リンクからチェックしてください☆
https://ameblo.jp/iupbentenbashi/entry-12316212229.html

フリーダイヤル 0800-800-6692

【取扱い修理】
バッテリー交換・ディスプレイ交換・ドックコネクタ・ホームボタン・各種ボタン・センサー類
バックアップ代行(データ取り出し)・水没修理・復旧・リンゴループ・リカバリー・
出張修理

【修理対応機種】
iPhone4・4s・5・5c・5s・SE・6・6Plus・6s・6sPlus・7・7Plus

https://www.iphone-up.jp/niigata-bentenbashi/

新潟市中央区姥ヶ山1-2-1相馬ビル2階

営業時間 11:00~20:00

年中無休