Android陣営大手4社、古くなったバッテリーと処理性能の関係にコメント!

みなさんこんにちは。iPhone修理のアイアップ新潟弁天橋通店です!

iPhoneの古くなったバッテリーが処理性能を抑えてしまう問題が未だに話題になっていますね。
もうIT関係やガジェット関係のネットニュースなんかもこの話題で一色となっています。
このことを受けて、Androidスマホを取り扱う企業の大手4社が「我々はそんなことをしていない」とコメントを発表しているようですよ!
これはiPhoneユーザーの切り崩しを目的としているのでしょうか・・・?

コメントを発表したのは韓国のSamsungやLGと、台湾のHTC、アメリカのMotorolaの4社で、韓国の2社に関しては強い調子で「絶対にしていない」ことと「これからもすることはない」ということを発表しています。
また、Samsungはこのコメントの中に「Samsung製Androidスマホはバッテリーの状態を管理する安全対策を複数用意して徹底しているため、ソフトウェアアップデートによってCPUパフォーマンスを低下させることはない」と機能の安全性、信頼性についても言及しています。

Appleのスマホシェアは世界的に見ると2割ほど、Androidは7割ほどとなっているため「なんだ、iPhoneってそんなに多くないじゃん」と思われてしまうかもしれませんが、考えてみればAndroidスマホのメーカーは上記の4社以外に私が知っている日本メーカーだけでもソニー・京セラ・シャープの3社がありますし、中国メーカーにも強豪たるHuawei、Xiaomi、OPPOを筆頭とした53社が存在しているので、それらの企業全てを含む7割となればAppleだけで2割を獲得しているのはかなりの割合ということになりますよね。

しかもこれは世界的に見たシェアの割合であり、日本でのシェアはAndroidが30.4%で約3割、iOSが68.6%で約7割となっています。iPhoneの世界シェア2割の内のかなりの割合を日本が占めていそうですね・・・(笑)
確かに、これを切り崩すことができればAndroidシェアはかなり伸びそうですね。特にライバル企業であるSamsungは今がチャンスとばかりに色々な作戦を練っていそうです。

私としてはiPhoneにバッテリーの劣化が一定の基準を越えたらバッテリー交換を促すメッセージをポップアップ表示させてその中に処理性能が低下してしまう可能性があることを盛り込めば良いと思うんですけど、ユーザーのほとんど「設定」→「バッテリー」にバッテリー交換を促すメッセージが出るなんて知らないでしょうしね・・・。
これからAppleがバッテリー交換値引き以外に、どのような対応をするのかに注目ですね。

 

☆当店で画面交換をされるお客様を対象に9Hの硬度があるガラスフィルムを無料プレゼント☆
※当店は数量限定でiPhone6/6sのワケアリ再生液晶を格安放出しています!
詳細は下記リンクからチェックしてください☆
https://ameblo.jp/iupbentenbashi/entry-12316212229.html

フリーダイヤル 0800-800-6692

【取扱い故障内容】
バッテリー交換・ディスプレイ交換・ドックコネクタ・ホームボタン・各種ボタン・センサー類
バックアップ代行(データ取り出し)・水没復旧・リンゴループ・リカバリー復旧・出張

【対応機種】
iPhone4・4s・5・5c・5s・SE・6・6Plus・6s・6sPlus・7・7Plus

http://www.iphone-up.jp/niigata-bentenbashi/

新潟市中央区姥ヶ山1-2-1相馬ビル2階

営業時間 11:00~20:00

年中無休