テレビのニュースにもなったiPhoneのバッテリー劣化によって処理性能が遅くなってしまう件に対し、海外ではAppleに対して数件もの訴訟が起こっているようです。
これに対しAppleはユーザーに対して正しい情報を伝えられなかったことを正式に謝罪し、それと共にiPhone6以降の機種のバッテリー交換料金を割引することを発表しました!

この問題はそもそも、以前リリースされていた「iPhoneの突然のシャットダウン問題の改善」と題されたアップデートが発端となっています。
簡素に1行だけ示されたこのメッセージがつまり、「iPhoneのバッテリーは劣化すると容量や放電量が少なくなるよ。それでもiPhoneの元々の高い処理性能を維持したままだと電力が足りなくなって急にシャットダウンすることがあるよ。それを避けるためには処理性能を下げるしかないよ。そういう対応をしたよ」という意味だったらしいのですが、これは確かに説明不足・・・どころの話ではありませんよね(笑)

また、これがiPhoneユーザーがバッテリー交換前の交換後でのベンチマークテストを行ない、そこから発覚したことも良くありませんでしたね。
ただこのアップデートに関して詳細な説明書きが公式サポートページのリンクのリンクのリンクのリンクの・・・といった深いところにあったらしいのです。でもiPhoneユーザーのほとんどはそんなに深いところまで掘り下げて確認なんてしませんよね。だからせめて分かりやすい説明までは求めませんが、目に付きやすいところに記載はしていて欲しかったです・・・。

この問題に対してAppleはiPhone6以降の機種に対してバッテリー交換料金を2018年の1月末から12月末までの期間、保証対象外のもので79ドル(約8,800円)かかるところ、29ドル(約3,300円)に引き下げる対応を発表しています。
ただ、Appleの正規修理はバッテリー交換であっても中身が初期化されてしまうためバックアップが必要になります。
iPhoneが電源が入らない等で使えない状況にあったり、バックアップできる環境がない場合は当店のデータを残したままの修理にお任せください!最短10分でバッテリーを交換させて頂きます☆

 



☆当店で画面交換をされるお客様を対象にガラスフィルムを無料プレゼント☆
※当店は数量限定でiPhone6/6sのワケアリ再生液晶を格安放出しています!

フリーダイヤル 0800-800-6692

【取扱い故障内容】
バッテリー交換・画面割れ・ガラス割れ・液晶不良・タッチ不良・イヤフォンジャック不良・充電不良・接触不良・音が出ない・スピーカー不良・電話できない・ホームボタン・電源ボタン・サイドボタン・音量ボタン・ボリュームボタン・マナースイッチ・サイレントスイッチ・近接センサー・環境光センサー・バックアップ代行(データ取り出し)・水没復旧・リンゴループ・リカバリー復旧

【対応機種】
iPhone4・4s・5・5c・5s・SE・6・6Plus・6s・6sPlus・7・7Plus

アイアップ新潟店ホームページ

新潟市中央区姥ヶ山1-2-1相馬ビル2階

営業時間 11:00~20:00
年中無休

出張修理対応中!

アイアップ新潟店出張修理詳細ページ

新潟市・中央区・北区・東区・西区・南区・江南区・秋葉区・西蒲区 新発田市・村上市・胎内市・阿賀野市・燕市・五泉市・加茂市・三条市・見附市 長岡市・佐渡市・聖籠町・田上町・阿賀町