Apple、iPhoneのバッテリー管理チップを自社開発することにより持続時間が延びるかも!?

みなさんこんにちは。iPhone修理のアイアップ新潟弁天橋通店です☆

汎用性が高く直感的に使用できるため多くの人が使いやすい仕様になっているiPhoneですが、やはり皆さんが気になっているのは「バッテリーの持続時間」ですよね。
ガラケーを使っていた時は2日に1回や、あまり使わない人に至っては3日に1回くらいの充電でも十分に使えていたのではないでしょうか?
それがiPhoneだけでなくAndroid等のスマートフォンになってからは、最新の機種でも普通に使っているだけで1日に1回は充電が必要になってしまうのがスマートフォンのデメリットだと思います。
そこでAppleは2年以内にバッテリーを管理するチップを自社開発する方針であることを明かしたようで、これによってバッテリーの連続使用時間が伸びることが期待されています!

そうなると困るのは今までiPhoneのバッテリー管理チップの製造を担当していたサプライヤーですよね。
そのサプライヤーは「Dialog Semiconductor」というところなのですが、調査によるとこの企業は2016年の収益の74%をAppleに頼っており、それが2年後にはなくなってしまうとなればかなり大変なことになってしまいます。

また、同じようなケースでAppleが「GPU」というCPUと同じような働きをする部分の独自開発を宣言した際には今までCPUを担当していた「Immagination Technologies」という企業が株価を一時的に70%も落としていたとのことでした。
仕様する部品を社外品に一切頼らない100%純正のApple製iPhoneが作られるとしたらどのような機能を持ち、どのようなデザインになり、どのようなスペックを持つのかとても興味がありますが、それをしてしまうと今回のように多くのサプライヤーが影響を受けてしまうんですね・・・。
ただ、サプライヤーとの関係を重視してそれほど性能が変わらないiPhoneを製造し続けていればユーザーは離れて行ってしまうので仕方ないかもしれませんね。

ただ・・・これで2年後のiPhoneのバッテリーはかなり長持ちになっているかもしれませんね(笑)

 

※当店では数量限定でiPhone6/6sのB級再生液晶を格安提供しております!
詳細は下記URLからチェックしてください☆
☆画面修理をされたお客様に無料でガラスフィルムをプレゼント中☆
https://ameblo.jp/iupbentenbashi/entry-12316212229.html

iPhone修理のアイアップ新潟弁天橋通店

新潟市中央区姥ヶ山1-2-1相馬ビル2階

フリーダイヤル 0800-800-6692

【修理対応機種】
iPhone4・4s・5・5c・5s・SE・6・6Plus・6s・6sPlus・7・7Plus

【取扱い修理】
バッテリー交換/画面修理/ドックコネクタ/ホームボタン/各種ボタン/センサー類
バックアップ代行(データ取り出し)/水没修理/復旧/リンゴループ/リカバリー/
出張修理