昨日、Mac用の最新OSであるmacOS High Sierraにパスワードを入力しなくても通常の管理者よりも上級の権限を持つ「ルートユーザ」としてアクセスできてしまうという重大な脆弱性が発見されたことをご存知でしょうか?
今日になってこれを修正したパッチが公開されたようで、Appleは直ぐにこのパッチをインストールするよう推奨しています!

この脆弱性を発見し報告したのはレミ・アージンという開発者で、ログインする際のユーザ名のところに「root」と入力し、パスワード入力欄には何も打ち込まずにそのままログインするとMacの全システムにアクセスできてしまう不具合があるということをTwitterで呼びかけたそうです。

この不具合は現在リリースされている最新版のmacOS High Sierra10.13.1と開発者向けに公開されている10.13.2のベータ版で確認されており、古いバージョンででもこの不具合が発生しているかどうかは不明のようです。本日公開されたパッチが古いバージョンにも有効なものかどうかはわかりませんが・・・。

そしてその公開されたパッチというのが「セキュリティアップデート2017-001」というもので、macOSのバージョンが最新であれば自動ダウンロードによって適用されるようです。
古いバージョンを利用されている方はAppStoreのアップデートタブをクリックすることで手動でダウンロードできるとのことです。
これがインストールされているとmacOS High Sierraのビルド番号は「17B1002」というものに変わっているはずなので、こちらで確認してみると良いでしょう。

そもそも「ルートユーザ」ってなんぞ?と思っていましたが、調べてみるとこの脆弱性がどんなに大変なものかがわかりました。
わかりやすく言ってしまうと、ルートユーザでアクセスされてしまうと「良くも悪くも何でもできてしまう」ということです。

そんなもの大変なものを、報告者はなぜ不特定多数の人が閲覧できるTwitterで報告なんてしたんでしょうね・・・?

 



☆当店で画面交換をされるお客様を対象にガラスフィルムを無料プレゼント☆
※当店は数量限定でiPhone6/6sのワケアリ再生液晶を格安放出しています!

フリーダイヤル 0800-800-6692

【取扱い故障内容】
バッテリー交換・画面割れ・ガラス割れ・液晶不良・タッチ不良・イヤフォンジャック不良・充電不良・接触不良・音が出ない・スピーカー不良・電話できない・ホームボタン・電源ボタン・サイドボタン・音量ボタン・ボリュームボタン・マナースイッチ・サイレントスイッチ・近接センサー・環境光センサー・バックアップ代行(データ取り出し)・水没復旧・リンゴループ・リカバリー復旧

【対応機種】
iPhone4・4s・5・5c・5s・SE・6・6Plus・6s・6sPlus・7・7Plus

アイアップ新潟店ホームページ

新潟市中央区姥ヶ山1-2-1相馬ビル2階

営業時間 11:00~20:00
年中無休

出張修理対応中!

アイアップ新潟店出張修理詳細ページ

新潟市・中央区・北区・東区・西区・南区・江南区・秋葉区・西蒲区 新発田市・村上市・胎内市・阿賀野市・燕市・五泉市・加茂市・三条市・見附市 長岡市・佐渡市・聖籠町・田上町・阿賀町