Appleは自社で人工の『汗』を製造していた!?

こんにちは、iPhone修理のアイアップです。

毎日2リットル近くの人工の『汗』を自社で製造していたことが明らかになり、その目的はAirPodsやAppleWatchなどの品質検査で使用しているようです。
アメリカメディアViceのジャーナリストであるアエル・デュハイム・ロス氏がApple本社へ訪ねた際に研究開発の様子をTwiiterに写真付きでアップしました。
その時の写真に透明な液体が入った瓶の中にAirPodsやAppleWatchが浸かっている写真があり、製品が直接汗に触れても正常に機能・動作するのかを確認しています。
人工の汗はAppleで毎日0.5ガロン(約1.9リットル)作っていて、企業向けに人工の汗を販売している企業もあるようですがAppleは独自で汗を製造しているようですね。
耐水などの実験には『どうせ水を使っているんでしょ?』と私は思っていましたがそうではなく、もしかするとiPhoneでも人工の汗を使って実験していたのかもしれませんね!

 

アイアップはいつでもご連絡・ご来店をお待ちしております☆

iPhone修理のiup(アイアップ)オフィシャルサイト
http://www.iphone-iup.com/