iOS11リリースで今秋にも32ビットアプリのサポートが終了するかも?

こんにちは、iPhone修理のアイアップです。

以前からAppleでは64ビットアプリへ移行を推進するために様々な試みをしており、iOS10.3からは64ビットに対応していない32ビットアプリを開くとiPhoneの動作に影響する可能性があります。と警告を表示されるようになりました。
(設定→一般画面から自分のiPhoneにある32ビットアプリが確認することができます。)
64ビットアプリの移行を開始したのは、iPhone5sが発売された2013年の9月で
2015年の2月からは新規(新作)アプリの受付を64ビットアプリのみに限定していました。さらに2016年9月からはAppStoreの放置されているアプリや最新のガイドライン沿わないアプリの
削除を開始しています。
ですがすぐに削除するわけではなく、ガイドラインに反しているアプリを確認できた場合、開発者に向けて違反している箇所の改善を通知します。
30日以内にそれでも改善・解決しない場合に対してAppStoreから削除されるようです。
このことからもAppleは32ビットアプリのサポートを終了させようと推進していることもわかりますし、iOS11リリースで32ビットアプリが終了してしまう可能性も少なからずありますよね。
私の場合、古いアプリやもう使っていないアプリはすぐにアンインストール(消去)しているのでiPhoneのアプリは恐らく全て64ビットアプリだと思います(笑)

 

アイアップはいつでもご連絡・ご来店をお待ちしております☆

iPhone修理のiup(アイアップ)オフィシャルサイト
http://www.iphone-iup.com/