iPhoneが将来的にディスプレイの破損を自己診断するかも!?

こんにちは、iPhone修理のアイアップ新潟弁天橋通店です。

Appleが2015年8月に、iPhoneがスクリーンのヒビや破損を検出してユーザーに通知する「自己診断技術」の特許を申請していることがわかったそうです!
この機能は「カバーガラス破損検出」と名付けられ、機能としてはiPhoneのタッチセンサーや小型バイブレーターで振動を与えた際の反応の変化等でディスプレイの細かい傷から大きなヒビまでを検出するという仕組みになっているとのことです。
この機能で破損が検出されると、破損によって使えなくなったセンサーがあればその内容をユーザーに通知してくれるようです。

この機能であらゆる破損のデータを取ることによって、破損に強いスクリーンの開発もできるようになると考えられているようです。
今年発売予定の最新iPhoneではバックパネルの素材にダイヤモンドの次に硬いとされているサファイアガラスの採用が噂されているため頑丈になるのではないかと言われていますが、ディスプレイに関してはOLEDになるという情報はあっても強度に関する情報はないため、是非この機能を追加してほしいですね!

 

当店はいつでもご連絡・ご来店をお待ちしております☆

iPhone修理のアイアップ新潟弁天橋通店

新潟市中央区姥ヶ山1-2-1相馬ビル2階

営業時間 11:00~20:00