有機ELの需要で新潟にあるキャノン子会社が世界中から注目!

みなさんこんにちは。iPhone修理のアイアップ新潟弁天橋通店です。

2017年発売の次世代iPhoneに有機EL(OLED)ディスプレイを搭載すると見られていることはご存知ですか?
実はそれ以外にもSamsungや中国メーカーのOPPOやVivoという企業も自社スマートフォンに搭載しており、OLEDディスプレイの需要がかなり増えているという状況なのですが、その影響でOLEDディスプレイの製造が追いついておらず、次世代iPhoneでのOLEDディスプレイを搭載されるのは3モデルの全てではなく1モデルのみという話が出ています。

この影響で、新潟の見附市を拠点としているOLEDの製造装置メーカーであるキャノンの子会社「キャノントッキ」にこの製造装置の注文が世界各国のディスプレイメーカーから殺到しており、増産が進められているようです!

現行のスマートフォンに使われている液晶ディスプレイですが、これらを将来的に全てOLEDディスプレイに置き換えると言われているためOLEDの需要はこれからしばらくは増え続けると見られています。
この増産が続けばOLED搭載モデルのiPhoneが販売初日に多くの人の手に届くようになるのでしょうか?