iPhone6sのシャットダウン問題

現在Appleがバッテリーを交換するプログラムで対処中のiPhone6sが突然シャットダウンしてしまう不具合について、原因はバッテリー製造時に通常よりも長く空気に露出していたため、正常なバッテリーよりも劣化が早まってしまったことでシャットダウン問題を引き起こしてしまったとのことです。また、これに関して安全性に問題はないようです。

Appleはシリアル番号を入力するだけでバッテリー交換対象となるiPhone6sかどうかを確認できるページを公開しています。以前から、あるいは最近になってバッテリーがおかしいと感じられている方は確認してみてはいかがでしょうか。

URL:https://www.apple.com/jp/support/iphone6s-unexpectedshutdown/

iPhoneのシリアル番号は「設定」→「一般」→「情報」から確認できます。
このプログラム対象であると確認できたら無償でバッテリーを交換してもらえるみたいですよ!
それ以外のバッテリー不具合に関する修理は是非アイアップをご利用ください☆