AppleでiPhone6 Plusのみ「タッチ病」の修理ができるようです!

以前に少し話題になった「タッチ病」という不具合をご存知でしょうか?
「タッチ病」とはiPhone6/6Plusに起きる問題で、複数回の落下や何らかの衝撃・圧力がiPhoneにかかった時に起きるとされているもので、症状は最初にディスプレイの上部に灰色のバーが表示され、次第にディスプレイのタッチが使えなくなってしまうというものです。

この「タッチ病」に対し、AppleはiPhone6 Plus限定で修理に対応するプログラムを立ち上げたようで、料金は一律14,800円です。
また、この問題を既にAppleまたはAppleが認可した業者で修理したユーザーに関しては、その修理にかかった費用から14,800円を差し引いた差額を返金するとのことです。つまり「タッチ病」が原因で新潟駅のビックカメラでiPhone6 PlusのApple Care+なしでの本体交換をしたという方はかかった料金35,640円から14,800円を差し引いた20,840円が戻ってくるということですね。

iPhone6 Plusをお使いの方でタッチが使えなくなってしまった、という方はこのプログラムを利用してみてはいかがでしょうか。