iCloudフォトライブラリの使い方

iPhoneを水没させてしまったり故障して使えなくなってしまうと写真や電話帳のデータを諦めるしかないと思われている方も多いと思いますが少しiPhoneの設定をするだけでデータを取り戻すことができますのでご参考までにご覧ください。

1.まずiPhoneを初めてお使いになられる方はAppleのIDとパスワードを作成しましょう!!
キャリヤによっては設定してくれるお店もあります。
※ここで@icloud.comのアカウントを作っておきましょう!!
キャリアのアドレスdocomo.ne.jpとかを使うのではなく
@icloud.comのアカウウントを必ず作りましょう!!
メールの送受信をする時はキャリアのアドレスを使えば良いかと思います。
※AppleのIDとパスワードを忘れてしまうと面倒な作業をしなければ
 いけなくなるので必ずどこかへ控えておきましょう!!

2.iPhoneの設定からiCloud→iCloud Driveをオンにします。
そしてiCloudに残したいデータを全てオンにします。
例えば写真の他に連絡先やカレンダーやメモなどお選びになってください。
私は全てオンにしています。

3.写真→iCloudフォトライブラリをオンにします。
※追加のiCloudストレージが必要と表示された場合はiPhone本体の容量がもういっぱい
なのでアップグレードオプション→50GB月額¥130から2TB月額¥2500までの
お好きな容量を購入しましょう!!
※クレジットカードでお支払いになります。

4.この設定をしてあげるだけでiPhoneが使えなくなってもiCloudに
データが自動で保管されているのでそこからデータを復元して
あげることができます。
※Wi-Fi環境にいれば追加したデータを自動で更新してくれます。
逆にWi-Fi環境に一切いなければ更新はされないのでご注意ください!!

以上の設定をしてあげるだけでパソコンも必要ありませんし
万が一に備えてご安心かと思います。
※容量がいっぱいでストレージを増やしたいけどクレジットカードを
お持ちでない方はアイアップでデータ保存が簡単にできるUSBを販売
しておりますのでお気軽にご相談ください☆