紛失したiPhoneを探す

「iPhoneを探す」という機能をご存じですか?

これはiPhoneを失くしてしまった際にパソコンや他のデバイスから位置情報を読み取ってiPhoneの場所を教えてくれるという機能です。ちなみにセキュリティが2ファクタ認証の場合でも6桁の認証コードを入力しなくても「iPhoneを探す」「Apple Pay」「Apple Watchの設定」の3つは使えるようになっています。

このように便利な機能ではありますが、この機能を有効化していると新しいiPhoneにデータを移行したい時やデータを初期化したい場合にこの機能が邪魔をしてしまいます。これを「アクティベーションロック」といいます。
これは本来、他人から勝手にiPhoneを初期化されたりアクティベートされたりといったことを防ぐ機能なので、この機能をオフにするのはバックアップの復元か売却や譲渡によってiPhoneを手放す時でしょう。

この機能はiPhoneの「設定」→「iCloud」→「iPhoneを探す」からオン・オフを設定することができます。
また、iPhoneを手放した後にこの機能の解除を忘れていた場合はパソコンや他のデバイスから「iCloud.com 」にサインインをして「設定」の「マイデバイス」から対象のiPhoneを削除することでiCloudアカウントと「iPhoneを探す」の両方を削除することができます。この操作はiPhoneが水没して操作・修理が不可能になってしまっても行うことができます。