iPhoneが突然充電できなくなった

iPhoneの充電が突然できなくなってしまったということはありますか?
今回はそのような状態になってしまった時の対処についてご紹介します。

まずiPhoneが一時的に不具合を起こしてしまって充電ができない場合。
これはiPhone5シリーズなら右上、iPhone6以降の機種なら右側面にあるスリープ/スリープ解除ボタンを長押ししてスライドさせる「再起動」をすれば改善されます。

それでも直らなかった場合、充電ケーブルや電源アダプタの不良を疑ってください。
iPhoneの他にiPod touchやiPadを持っている方は同じ充電ケーブルや電源アダプタを使って充電ができるかを確認するか、または充電ができなかったiPhoneで別の充電ケーブルや電源アダプタを試せばどちらが悪いかわかるはずです。

これまでの対処をしても充電ができなかった場合、iPhoneのバッテリーやLightningコネクタの不良あるいは故障の可能性があります。
この場合、アイアップなら10分から20分くらいの時間でバッテリー交換やLightningコネクタの修理を行うことができます!
修理の前に検査させて頂くこともできますので、まずはお気軽にご相談ください♪