iPhoneのスリープボタンが故障したら

iPhoneにある物理的なボタンは、ホームボタン、ボリュームボタン、スリープボタンがありますがどれも故障すると操作性がとても悪くなり本当に困ってしまいますよね!!

緊急時はそれらの役割をしてくれる「AssistiveTouch」を画面上に表示させて回避できますが故障したままiPhoneを使っているのも嫌な方は多いと思います!!

スリープボタンはiPhone4シリーズやiPhone5シリーズは右上にあるので落とした衝撃で凹んでしまったり故障するケースがとても多いです。

iPhone6シリーズから右横に配置されたので落として故障するケースはかなり減りました。
スリープボタンが使えなくなると画面を消すことができないのでそのままポケットやカバンに入れてしまうと誤作動を起こしてしまうので大切なボタンでもあります。

アイアップでは故障した部品のみを交換、修理させていただきますのでボタンを押しても反応がなかったり陥没したりしても約30分ほどでスリープボタンの修理が可能になっております☆