iPhoneの画面が浮く

こんにちは。アイアップ新潟弁天橋通店です。

みなさんからのお問合せで「iPhoneの画面が浮いてしまった」というものが多いので、今回はこの症状の原因についてのご紹介です!

iPhoneの画面が浮いてしまうのは、何度も落としてしまったことによって液晶パネルの枠が外れてしまったというのもありますが、それは軽く押してあげれば一時的にではありますが元に戻ります。しかし軽く押してみても元に戻らないどころか、中に「何か堅いモノ」があるような感触になってしまう場合があります。それはバッテリーの膨張が原因です!

この「バッテリーの膨張による画面の浮き」はiPhoneケースを付けていると気が付きにくく、また浮くのが少しずつのためほんの少しの画面の浮きでは気付く人がほとんどいません。なのでこれに気付いた時には既に隙間から中が見える状態になっているか、液晶やその他部品にまで影響してしまった後という方も多くいらっしゃいます。

しかし、そんなバッテリーの膨張も早期に気がつくことができます!それは「熱」です!
バッテリーは「異常に発熱」することによって膨らみますので、充電中・あるいはアプリのご使用中に異常に熱くなることがあったらそれは「バッテリーが膨張してしまう前兆」ということになります。それも大容量のゲームアプリの使用中などではなく、Safari等の小さな容量のアプリで熱くなってしまう場合が特に要注意です!

バッテリーは限界まで膨張してしまうと最悪の場合、破裂してしまう恐れもありますので、今まで普通にしていた充電などで「これはおかしいんじゃないか?」と思えるまでに発熱してしまった場合はすぐにでもバッテリー交換をした方がいいでしょう。
しかしできることなら少し熱くなったり充電の減りが早くなってきたと感じられた段階で、早めバッテリーを交換してしまった方が長くiPhoneをお使い頂けると思いますよ☆